Home > 販売・サービス > プレーヤーシステム Archive

プレーヤーシステム Archive

Garrard(ガラード)401 Wアーム仕様プレーヤーシステム

今回お客様のご依頼でGarrard401Wアーム仕様のプレーヤーシステムを組みました。

■構成
 ・ターンテーブル:Garrard401
 ・アーム:DECCA Mk-1Super
 ・アーム:SME 3009imp
 ・カートリッジ:DECCA Mk-1
 ・キャビネット:VAアイソレーションキャビネット(ベースはショートアーム仕様)

全ての商品は当店でOHを行い、システムアップしました。

VAアイソレーションキャビネットは、通常ショートアーム仕様として設計しているのですが、ショートアームのWアームという事で、ターンテーブルの位置を多少ずらし、2本のアームが搭載できるようにカスタマイズしました。SME 3009impは、フォノケーブルが水平方向に繋がりますので、ギリギリのサイズで何とか組み上げれました。


DECCAのカートリッジは、V-L方式の為通常のLch、Rchとモノラル使用を考慮し、LATERAL(水平)信号も出力できるようにしました。フォノケーブルはノイマンのラインケーブル、RCAピンジャックはスイッチクラフトです。


細かい所ですが、DECCA Mk-1Superアームのアームレストも黒のジュラコンで、アームをアームレストに固定した時に、キチンと高さが合う様に、製作しました。音質には全く関係ありませんが、見栄えが違いますね。よくナットや木製のスペーサーを入れているのを見ますけど、何かヤッツケ仕事っぽいので気に入りません。ジュラコンだと、DECCAのオリジナルアームレストとよく素材感があっていて純正の様に見えます。

私がDECCAのカートリッジに出会ったのは、今から20年程前になります。当時はオルトフォンに凝っていていろいろ集めては聴いていたのですが、DECCAのサウンドに魅了されオルトフォンを全廃した記憶が蘇ってきました。カンチレバーの無いダイレクトカップリング方式のサウンドは、当時何ともダイレクト感のあるサウンドで、オルトフォンのちょっと遅いドロッとしたサウンドから比較すれば、魅力的に聴こえたものです。現在では、オルトフォンも使い方で、シャープなサウンドになる事が理解できましたが、当時はそこまで考えられなかったのでしょう・・・

さて、今回のシステムですが・・・ヴィンテージプレーヤーらしい雰囲気で中音域重視の音楽的なサウンドですが、S/Nも高く、私的には納得ので出来上がりとなりました。ご依頼頂いたお客様には長らくお待たせしてしまい大変申し訳なく思っております。

今回はGarrard401を使用しましたが、Garrard301でもまたSME3009シリーズであれば同様のシステムを組む事が可能です。宜しければ、お問合せ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の購入・修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:08635-5-1133
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

【ギャラリー】

Garrard(ガラード) オートチェンジャーLab-95 修理

Garrard(ガラード) オートチェンジャー Lab-95

センター軸が外れ(たぶん輸送中の事故)、部品がバラバラになってしまったので、修理して欲しいというご依頼でした。

センター軸の分解補修は、全て部品が揃っていた事もあり、比較的簡単に修復できましたが、オート機能が上手く動作しません。
オートチェンジャーメカに塗布されているグリースが経年変化で硬化して、メカの動きが悪くなっているのが原因です。
基本的にオートチェンジャーは、貧弱なモーターとアイドラーで全てのメカを動かしますので、メカのチョットした負荷(重み)で動かなくなるのです。

いろいろと部分的に試行錯誤を繰り返しましたが、結局メカを全て分解し洗浄し、再度組み立て直しました。
当然、メカの動きはよくなりましたので、正常に動作するようになりました。

ただ、オートチェンジャーは少しの事が、メカが動作しなくなる原因になりますので、オーバーホールは一般のターンテーブルや単機能のプレーヤーシステムに比べ非常に大変な作業となります。

─────────────────────────────────────────────
修理・お問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:08636-3-0808
メール:ootsuka@giga.ocn.ne.jp
─────────────────────────────────────────────

【ギャラリー】

Garrard 4HFレストア

Garrard 4HF
Garrard4HF

ご依頼内容:

  • オーバーホール

所見:

  • アイドラー加工(Garrard301用レプリカが付いていました)
  • 各部オイル切れ
  • マットが経年劣化(硬化)
  • モーター不良
  • Garrardエンブレム欠損
  • ケーブル交換
  • 破損・欠損しているパーツあり

処置:オーバーホール
海外のオークション等で購入された現状品という感じでした。動作させてもガラガラ・・・まぁ、普通ですね。今後長らく使用したいので、全てオリジナルに戻して下さい。というご依頼なので、その様にします。ジャンクから小さなワッシャーまで欠損している物を移植します。

処置内容:

  • モーターオーバーホール⇒(結果)リビルト品と交換
  • スピンドルOH
  • マット交換(オリジナル中古)
  • アイドラー4HF用に加工処理
  • ブレーキパット交換
  • 配線を交換(もちろんオリジナルの線材を使用)
  • 電源ケーブル交換
  • フォノケーブル交換(スーナー社ケーブル)
  • 全パーツ取り外しクリーニング・組立調整・グリスアップ
  • ※分解洗浄(金属パーツはシリコンコーティング処理)

オリジナルに忠実に再現しました。

Garrard4HF様にG301アイドラーを加工(3)
今回はGarrard301用の交換用新品アイドラー(社外)に交換されていた為、4HFのプーリーではアイドラーが厚すぎてプーリーにきちんと接触しませんので、Garrard301用のアイドラーを加工して使用しました。この加工は今回初めて行ったのですが、通常オリジナルアイドラーはゴムが硬化しており、滑りが発生してそれがゴロの原因になる事が多いのですが、さすがに新品アイドラーです。滑りがなく瞬時に定回転に達します。ゴロも出ませんし・・・4HFのアイドラーでお困りの方にも今後対応できそうです。まぁ、通常は使わない16回転でも、少しでも滑りがあると定回転が出ないのですが、これもきちんと回ります。もちろん、プラッターを強制的に手で止めると、モーターも止まりますので現段階で全く滑りが発生していません。ホント、4HFユーザーにはこの加工は朗報だと思いますよ。

モーターはスピンドル軸メタルが減って、ガタが大きくなっていましたのでリビルド品に交換しました。国内で扱い易い様に、100V仕様のモーターに交換。

特徴的なベース部のパッキンゴムは、ブラック仕様だったのですがお客様の奥様のご要望でレッド仕様に交換しました。元々外観はきれいだったので、各部メンテナンスで状態の良いGarrard 4HFが仕上がったと思います。

─────────────────────────────────────────────
修理・お問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:08636-3-0808
メール:ootsuka@giga.ocn.ne.jp
─────────────────────────────────────────────

【ギャラリー】

Garrard301プレーヤーシステム(SME 3012R)

Garrard301プレーヤーシステム
Garrard(ガラード)301システム

Garrard301は後期バージョン+SME 3012R+VAアイソレーションキャビネットの組み合わせです。

Garrard301とSME3012Rは、お客様がご使用になっていたモノを、レストアさせて頂きました。
Garrard(ガラード)301 後期バージョン
詳細はいつもの様に下記のメニューで行いました。
・モーターのOH
・スピンドルのOH
・ゴム類の全交換
・アイドラー新品交換
・ノイズサプレッサー交換
・ブレーキパット交換
・電源SW、スピード切替SWレバーの交換
・分解洗浄、シリコンコート、組み立て、調整

VAアイソレーションキャビネットは、今回からヴァージョンアップしております。
今までベースの材料に砲金を使用しておりましたが、ついに特殊制振合金(インテリアル)を使用する事ができました。
VAアイソレーションキャビネット 特殊制振合金インテリアル(2)
この材料、「インテリアルは、鉄系制振合金では最も制振性能が高く最大損失係数は 0.07を発現します。制振性能は、特に低い周波数帯及び歪振幅の小さい振動に特に有効です。 」という特徴があり、プレーヤーキャビネットの制振性能を上げる為に適した素材である為、採用してみました。

早速視聴しました。
カートリッジはリファレンスにしているDENON DL-103、アンプはLEAK バリスローププリ+LT-12Plus、スピーカーはPYE HF-25SC(TANNOYシルバー入)です。愛聴盤の1枚であるボールトのメサイア(DECCA LXT)にそっと針を落とします。まぁ、Garrardもオーバーホールしているので、あれですが・・・S/Nが素晴らしくいいです。特にGarrard301のオイルモデルは、ちょっと音の重心が高く上ずるのですが、それが全く気になりません。非常に滑らかで木目細かな音質で音楽が朗々と鳴っています。ずっと聴いていたくなる様な音で、トータル的に満足!!

詳しくは、特殊制振合金(インテリアル)についてをご覧下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の購入・修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:08636-3-0808
メール:ootsuka@giga.ocn.ne.jp
─────────────────────────────────────────────

【ギャラリー】

Garrard(ガラード)301HTプレーヤーシステム

Garrard(ガラード)301HTプレーヤーシステム
Garrard(ガラード)301HTプレーヤーシステム

今回Garrard301HT、SME3009プロト、Fairchildカートリッジ、VAオリジナルキャビネットを合わせてご注文頂いた、お客様からのご要望でVAオリジナルキャビネットのサイズをギリギリまで小さく製作して下さい。とのこと・・・

キャビネットのカラーは半艶の黒です。

出来上がりは写真をご覧頂きたいのですが、カッコいいと思います。ハイ!
昨日納品に行って参りましたが、お客様にもご満足頂けまして本当によかったです。

ありがとうございました。

─────────────────────────────────────────────
商品の購入・修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:08636-3-0808
メール:ootsuka@giga.ocn.ne.jp
─────────────────────────────────────────────

【ギャラリー】

Garrard(ガラード)301プレーヤーシステム

Garrard301ハンマートーン(当店展示用:SOLD OUT)
Garrard301Hプレーヤーシステム

SME3009プロトアーム
 ・Garrard301H
 ・SME 3009プロト
 ・VAオリジナルキャビネット(ショートタイプ)
 ・LEONI(レオーニ)製フォノケーブル+スイッチクラフト製RCAジャック
 ・ダストカバー(取り外し型クリアー)

Garrard301ホワイト(お客様仕様:SOLD OUT)
Garrard301Wプレーヤーシステム

オルトフォン SMG212アーム
 ・Garrard301W
 ・オルトフォンSMG-212
 ・ユートピア製キャビネット(中古ショートタイプ)
 ・オルトフォンアームリフターAL-1
 ・LEONI(レオーニ)製フォノケーブル+スイッチクラフト製RCAジャック
 ・ダストカバー(取り外し型クリアー)

先日オーバーホールしたGarrard301を、それぞれの仕様でシステム化しました。アームも完全にオーバーホールを施し、フォノケーブルも色付けの少ないケーブルLEONIを使いました。RCAピンプラグはやはり信頼性のおけるスイッチクラフト製です。この様に、ご予算・お好みに応じてかなり臨機応変に対応できます。細かな所まで拘っております。今回はダストカバーまで製作してみました。

何かプレーヤーシステムでご質問等あれば、お気軽にご連絡下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の購入・修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:08636-3-0808
メール:ootsuka@giga.ocn.ne.jp
─────────────────────────────────────────────

【ギャラリー】

Fairchild(フェアーチャイルド) 412-1Aプレーヤーシステム

FAIRCHILD(フェアーチャイルド)プレーヤーシステム
Fairchild(フェアーチャイルド) 412-1Aシステムをオーバーホールを行いシステム化しました。

Fairchildはアメリカの会社で、いろいろなビジネスを行っています。オーディオ関係では主にレコーディング機材で有名ですから、ご存知の方も多いと思います。

中でもMCカートリッジの225シリーズは、ヨーロッパのノイマンに対抗できる、検聴用カートリッジとして有名で日本のDENONの初期モデルは、この220シリーズが原型と言われています。

私、個人的に昔から225AがVintageMCカートリッジを基準に考えており使用してきましたが、今回はプレーヤーシステムとして、全てFairchildで復元しようと言うのが狙いです。だから、今回のオーバーホールは、欲しい方がいれば販売も、基本的にマイコレの為なのです。

・ターンテーブル:Fairchild 412-1A(412シリーズで最もベーシックなタイプ)
・トーンアーム:Fairchild 280A(MONOショートアーム)
・プリンス(キャビネット):Fairchild オリジナル
・カートリッジ:Fairchild 220A、225A等
・MC昇圧トランス:Fairchild 235A
 ※(MCカートリッジは高出力型の為、プリアンプによっては昇圧トランスは不要)

ターンテーブルFairchild 412シリーズは、ダブルベルト駆動を採用しておりこの当時のアメリカ製ターンテーブルは、英国やヨーロッパ系に比べS/N等特性的に悪いという評がありますが、Fairchildはやはり別物ですね。アイソレーションもよく考えられています。ただ、ゴム系のベルトやブッシング類は経年劣化でレストアする為には全交換が必要です。ただ、オリジナルパーツは既にありませんので、オリジナルを忠実に製作しました。モーターの振動をアイソレートする為に、ダブルでベルトを掛けていたり、特筆すべきは通常アメリカ製品の各部の精度はかなりあまいのですが、スピンドルの精度は非常に高いのです。
FAIRCHILD(フェアーチャイルド) 412-1A マッシュルームゴム(オリジナル品)

FAIRCHILD(フェアーチャイルド) 412-1A ベルト(長)

FAIRCHILD(フェアーチャイルド) 412-1A ベルト(短)
ターンテーブルはいつもと同じように全て分解洗浄し、消耗部品は全て交換し、組み立て調整を行いました。
交換部品はオリジナル忠実に当店で製作しましたが、中でもモーターをアイソレートするマッシュルームゴムは中空構造になっている為、削り出し加工では難しいのですが、ここは絶対に中空構造を復元したいと考え、費用は掛かりましたが何とか作りあげました。ただ、この部品は振動吸収レベルの高いゴムの方が用途的にあっているので、「ハネナイト」という振動吸収効果に優れた素材で製作しました。次にベルトも国内でベルトの販売をしている会社もあるのですが、厚みと幅がオリジナル仕様の物がない為、ベルトも忠実に再現しました。勿論、繋ぎ目のないベルトです。

プリンス(キャビネット)は長年の汚れ、細かな擦り傷が入っていましたので、全体をクリーニングし仕上げにワトコのオイルで軽く全体を仕上げました。細かな傷も修復でき、艶も蘇りました。

アームはこのプリンス(キャビネット)にマッチするFairchild 280A(MONO仕様)です。デットストック品だった為、使用感もなく付属品も全て揃っており、オリジナルのコンディションです。Vintageアーム類は状態の悪いモノは精度が悪化し、ガタツキ等出ているモノが多いので、新品同様品は気持ちが良いです。
FAIRCHILD(フェアーチャイルド) 412-1A とMC型カートリッジ 225A
MCカートリッジは、当然FairChild 225Aです。皆さんオルトフォンの初期型ばかり探されていますが、このカートリッジは昔から知る人ぞ知る。能力的にも音質的にも優れたカートリッジなんですよ。オルトフォンに比べ、ナチュラルで繊細なサウンドを出すので気に入ってもう20年間VintageMCはこれが基準となっています。既に複数個所有していますが、何個あってもいいカートリッジですね。
FAIRCHILD(フェアーチャイルド) 235A昇圧トランス
最後に昇圧トランスは、220系専用のFairchild 235Aです。220系のMCカートリッジは高出力MC型の為、出力電圧3mV程ありプリアンプの入力規格によってはダイレクトで繋げますので、システム環境によって使い分けることが可能です。トランスを通した225Aの音はダイレクト接続時の繊細感、ニュートラル感に線の太さが加わります。Jazzメインならトランスを通したい音質です。

最後にFairchildプレーヤーシステムのサウンドですが、確かに当店がリファレンスにしているDENON 307・308などに比べると色づけが多いです。それはガラードでもトーレンスでも、Vintageプレーヤーはそれぞれにカラーがあります。これもFairchildカラーであることは間違いないのですが、レコード音楽を聴いていて楽しいサウンドです。DENON等は変換機的な要素が強いのですが、それとは全く別物ですね。レコーディング機材の中で幻の名機と言われるのが「FAIRCHILD 670」リミッター、現在の市場価格は500万円超とか…それにしか出せないサウンド、それを通すことで出来上がるサウンド、そんな価値がこのプレーヤーにも確かにあります。

─────────────────────────────────────────────
商品の購入・お問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:08636-3-0808
メール:ootsuka@giga.ocn.ne.jp
─────────────────────────────────────────────

【ギャラリー】

Garrard(ガラード)301(ハンマートーン)プレーヤーシステム

Garrard301Hプレーヤーシステム

Garrard301ハンマートン(S:10242)と当店オリジナルのプレーヤーキャビネットをご成約頂き、お客様がお持ちだったSME3009プロトを合わせてプレーヤーシステムを組むことになりました。

Garrard301Hは、当店通常のオーバーホールを行いましたが、素材の程度が良かった為、これまでで最高の状態となりました。
オーバーホールの詳細は下記の通りです。
・スピンドル部(分解洗浄・グリスアップ)
・アイドラー研磨(真円出し加工)
・各部アイソレーションゴム交換
・ブレーキパット交換
・モーターOH
・ノイズサプレッサー交換
 但し、円筒形のノイズサプレッサーの為、見た目を重視し内部素子のみ交換、ピッチで固め一見すると交換がわからない様にしました。
・全部品分解・クリーニング・グリスアップ・組上げ・調整

キャビネットは、枠材にチーク材を選択頂き、モーターボードは黒木目仕上げでウレタン塗装で仕上げました。

SME3009は、ウエイト部のゴムが劣化してウエイトの垂れてきていましたので、緩衝ゴム交換を含めてオーバーホールを行いました。フォノケーブルもLEONI社の同軸ケーブル・RCAピンプラグもスイッチクラフト製で作成。

Garrard301やSME3009プロトですが、素材としての状態が極めてよかった為、オーバーホール後も極めて良好な仕上がりとなりました。音質的にも、Garrard301グレーモデルのみが持つ、グッと重心の低く音楽的にバランスの良いサウンドが、完全に蘇っています。
フローティングキャビネットの効果もあり、DDプレーヤーと比較しても遜色ない帯域・S/Nとともに、Garrard301Hが持っている中高音域の浮き出るような立体的なサウンドは音楽をこれ以上なく楽しませてくれます。

大切にご使用頂けたらと思います。

【ギャラリー】

Garrard301+TPA-10プレーヤーシステム

Garrard301+TPA-10プレーヤーシステム
Garrard301+Garrad TPA-10プレーヤーシステム

当店のフローティングキャビネットにGarrard(ガラード)301、トーンアームに同じくGarrard TPA-10を組み込んでみました。

どうですか?かっこいいですよね!
やはり、ホワイトのGarrard301に純正アームは決まりますね。

詳細は、引き続きアップしますが、出来立てホヤホヤの写真でした。

今聴きながら書いていますが…
Garrard(ガラード)301のオイル仕様って、初期型(ハンマートーンやグリース)に比較して、音の重心が上がって何だか落ち着かない音になってしまいます。そこが初期型と最も違うところだと思うのですが・・・フローティングキャビネットではそこまで重心が上がってしゃくれた音にならないのです。やはりGarrard(ガラード)は、上手く振動を逃すフローティングキャビネットがいいと思いますよ。滑らかでいて繊細、S/Nもいいですし本当クラッシックが楽しく聴けます。少しでも多くの人に聴いて頂きたいですね。

このプレーヤーシステムは販売致します。

Garrard301(オイルタイプ S:48443)
Garrard TPA-10
VAフローティングキャビネット
—————————————————————
システム合計 506,000円[税別]

※ カートリッジは付属しませんが、SHURE(シュア)M3、M44等ベストマッチです。
※撮影の為、ストロボ無しのプラッターを装着していますが、この301はストロボ有りのプラッターが付属します。ストロボ無しの301は、グリースタイプの301(ホワイト)が在庫があり、販売価格が少々高くなります。
─────────────────────────────────────────────
商品の購入・お問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:08636-3-0808
メール:ootsuka@giga.ocn.ne.jp
─────────────────────────────────────────────

【ギャラリー】

Home > 販売・サービス > プレーヤーシステム Archive

Tag Cloud
PR
メタ情報

Return to page top