Home > Archives > 2009-12

2009-12

Garrard(ガラード)301(ハンマートーン)プレーヤーシステム

Garrard301Hプレーヤーシステム

Garrard301ハンマートン(S:10242)と当店オリジナルのプレーヤーキャビネットをご成約頂き、お客様がお持ちだったSME3009プロトを合わせてプレーヤーシステムを組むことになりました。

Garrard301Hは、当店通常のオーバーホールを行いましたが、素材の程度が良かった為、これまでで最高の状態となりました。
オーバーホールの詳細は下記の通りです。
・スピンドル部(分解洗浄・グリスアップ)
・アイドラー研磨(真円出し加工)
・各部アイソレーションゴム交換
・ブレーキパット交換
・モーターOH
・ノイズサプレッサー交換
 但し、円筒形のノイズサプレッサーの為、見た目を重視し内部素子のみ交換、ピッチで固め一見すると交換がわからない様にしました。
・全部品分解・クリーニング・グリスアップ・組上げ・調整

キャビネットは、枠材にチーク材を選択頂き、モーターボードは黒木目仕上げでウレタン塗装で仕上げました。

SME3009は、ウエイト部のゴムが劣化してウエイトの垂れてきていましたので、緩衝ゴム交換を含めてオーバーホールを行いました。フォノケーブルもLEONI社の同軸ケーブル・RCAピンプラグもスイッチクラフト製で作成。

Garrard301やSME3009プロトですが、素材としての状態が極めてよかった為、オーバーホール後も極めて良好な仕上がりとなりました。音質的にも、Garrard301グレーモデルのみが持つ、グッと重心の低く音楽的にバランスの良いサウンドが、完全に蘇っています。
フローティングキャビネットの効果もあり、DDプレーヤーと比較しても遜色ない帯域・S/Nとともに、Garrard301Hが持っている中高音域の浮き出るような立体的なサウンドは音楽をこれ以上なく楽しませてくれます。

大切にご使用頂けたらと思います。

【ギャラリー】

Home > Archives > 2009-12

Tag Cloud
PR
メタ情報

Return to page top