Home > プレーヤーシステム > Garrard(ガラード)401 Wアーム仕様プレーヤーシステム

Garrard(ガラード)401 Wアーム仕様プレーヤーシステム

今回お客様のご依頼でGarrard401Wアーム仕様のプレーヤーシステムを組みました。

■構成
 ・ターンテーブル:Garrard401
 ・アーム:DECCA Mk-1Super
 ・アーム:SME 3009imp
 ・カートリッジ:DECCA Mk-1
 ・キャビネット:VAアイソレーションキャビネット(ベースはショートアーム仕様)

全ての商品は当店でOHを行い、システムアップしました。

VAアイソレーションキャビネットは、通常ショートアーム仕様として設計しているのですが、ショートアームのWアームという事で、ターンテーブルの位置を多少ずらし、2本のアームが搭載できるようにカスタマイズしました。SME 3009impは、フォノケーブルが水平方向に繋がりますので、ギリギリのサイズで何とか組み上げれました。


DECCAのカートリッジは、V-L方式の為通常のLch、Rchとモノラル使用を考慮し、LATERAL(水平)信号も出力できるようにしました。フォノケーブルはノイマンのラインケーブル、RCAピンジャックはスイッチクラフトです。


細かい所ですが、DECCA Mk-1Superアームのアームレストも黒のジュラコンで、アームをアームレストに固定した時に、キチンと高さが合う様に、製作しました。音質には全く関係ありませんが、見栄えが違いますね。よくナットや木製のスペーサーを入れているのを見ますけど、何かヤッツケ仕事っぽいので気に入りません。ジュラコンだと、DECCAのオリジナルアームレストとよく素材感があっていて純正の様に見えます。

私がDECCAのカートリッジに出会ったのは、今から20年程前になります。当時はオルトフォンに凝っていていろいろ集めては聴いていたのですが、DECCAのサウンドに魅了されオルトフォンを全廃した記憶が蘇ってきました。カンチレバーの無いダイレクトカップリング方式のサウンドは、当時何ともダイレクト感のあるサウンドで、オルトフォンのちょっと遅いドロッとしたサウンドから比較すれば、魅力的に聴こえたものです。現在では、オルトフォンも使い方で、シャープなサウンドになる事が理解できましたが、当時はそこまで考えられなかったのでしょう・・・

さて、今回のシステムですが・・・ヴィンテージプレーヤーらしい雰囲気で中音域重視の音楽的なサウンドですが、S/Nも高く、私的には納得ので出来上がりとなりました。ご依頼頂いたお客様には長らくお待たせしてしまい大変申し訳なく思っております。

今回はGarrard401を使用しましたが、Garrard301でもまたSME3009シリーズであれば同様のシステムを組む事が可能です。宜しければ、お問合せ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の購入・修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:08635-5-1133
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

【ギャラリー】

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://garrard301.jp/wp-trackback.php?p=1763
Listed below are links to weblogs that reference
Garrard(ガラード)401 Wアーム仕様プレーヤーシステム from Garrard(ガラード)301 401 修理・レストア専門ショップ

Home > プレーヤーシステム > Garrard(ガラード)401 Wアーム仕様プレーヤーシステム

Tag Cloud
PR
メタ情報

Return to page top