Home > 修理履歴 > Garrard (ガラード) Model301 オーバーホール S:60001

Garrard (ガラード) Model301 オーバーホール S:60001


Garrard (ガラード) Model301のオーバーホールにてお預かりしました。

所見
 スピンドル軸受摩耗によりスピンドル軸ガタ過大
 モーター軸受摩耗によりモーター回転時振動大
 アイドラ滑り発生

処置
 スピンドル軸受交換
 モーター軸受交換
 アイドラリビルト品に交換
 オーバーホール
  モーターオーバーホール(軸受交換)
  スピンドルオーバーホール(軸受交換)
  ノイズサプレッサ交換
  ブレーキパッド交換
  トランスミッションマウントゴム交換(3個)
  モーターサスペンションダンプゴム交換(6個)
  ベースマウントゴム交換(4個)
  全パーツ取り外しクリーニング(金属パーツはシリコンコーティング処理)
  組み立て調整・グリスアップ

スピンドル軸受・モーター軸受共に油脂成分が無くなっていて摩耗が進み、ガタが過大になっています。
GarrardのModel301・Model401共にスピンドルやモーターの油脂抜けが多いですね。構造的に漏れる様に出来ているように思います。
今回お預かりした製品も、モーターの軸受には油分が無く、フェルトもカサカサに乾いていました。スピンドルは下部に辛うじて油分が有りますが、上部には油分が有りません。結果、金属同士が直接接触し、摩耗が進んでいます。
スピンドル・モーター共に軸受を交換し、モーターは上下の軸受の位置関係をきちんと出す事で、正常な回転が戻っています。

スピンドルはユーザーで注油できますが、モーターは分解しないと注油が出来ません。その為でしょうか、最近お預かりする製品で、モーターの下部軸受が正常な物は少数です。
モーター自体は見た目問題無く回転していますが、振動がかなり多くなっています。その様なモーターは、必ず下部の軸受が摩耗しています。回転時に軸が暴れて振動として現れているのでしょう。
軸受には含油合金が使用され、フェルトによって油分を溜めておけますが、それも限度が有ります。定期的にメンテナンスを実施して、必要な場所に注油を行う事により、長期間安定にご使用頂けます。

今回のオーバーホールで、注油やゴム部品の交換を行っていますので、今後長期間安定に動作します。

当店ではGarrard 301/401の今後も安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、Garrard 301/401のメンテナンスをご検討中の方、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の購入・修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:08636-3-0808
:メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://garrard301.jp/wp-trackback.php?p=2276
Listed below are links to weblogs that reference
Garrard (ガラード) Model301 オーバーホール S:60001 from Garrard(ガラード)301 401 修理・レストア専門ショップ

Home > 修理履歴 > Garrard (ガラード) Model301 オーバーホール S:60001

Tag Cloud
PR
メタ情報

Return to page top