Home > オルトフォンアーム修理 > Ortofon(オルトフォン) RM-309G修理

Ortofon(オルトフォン) RM-309G修理

Ortofon(オルトフォン) RM-309G
Ortofon(オルトフォン) RM-309Gの修理を行いました。

依頼内容
 ・緩衝ゴム劣化の為、ウエイトが垂れ
 ・内部配線を切ってしまったので、内部配線交換

修理内容
 ・緩衝ゴム交換
 ・内部配線交換

まず、修理とは関係ない話題なのですが、この当時の型番ですが・・・RMG-309という型番ではなく、RM-309Gとか、RM-309Aが正式なのです。

さて、修理ですが・・・この時代に使用しているレンガ色の緩衝ゴムは一般のゴムではなく、シリコンゴムなのです。それをNC旋盤加工して部品を作ります。緩衝ゴム交換、内部配線交換と特に問題もなく仕上がりました。勿論ウエイトの垂れもありませんし、クリーニングすると見違えるほどキレイになります。

また、30~40年問題なく使用できるでしょう!大切に使ってくださいね。

─────────────────────────────────────────────
修理・お問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:08636-3-0808
メール:ootsuka@giga.ocn.ne.jp
─────────────────────────────────────────────

【ギャラリー】

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://garrard301.jp/wp-trackback.php?p=909
Listed below are links to weblogs that reference
Ortofon(オルトフォン) RM-309G修理 from Garrard(ガラード)301 401 修理・レストア専門ショップ

Home > オルトフォンアーム修理 > Ortofon(オルトフォン) RM-309G修理

Tag Cloud
PR
メタ情報

Return to page top