Home > オルトフォンアーム修理 > Ortofon(オルトフォン) RMG-309修理

Ortofon(オルトフォン) RMG-309修理

Ortofon(オルトフォン) RMG-309修理が完了しました
Ortofon(オルトフォン) RMG-309のプラスチック軸折れ修理

依頼内容
 ・経年劣化でプラスチック軸が折れたので修理して欲しい
 ・フォノケーブルの修理

修理内容
 ・プラスチック軸交換
 ・RCAピンジャック・配線手直し

アームはいつものように全て分解し、クリーニングします。劣化で折れたプラスチック軸受けは交換し、組み立て後、動作テストを行います。

修理が完了したフォノケーブル
フォノケーブルはオリジナルでしたが、RCAピンジャックは国産パーツに交換され非常に怪しい?接続をされていましたので、スイッチクラフト製のRCAピンジャックに交換しました。アーム側もLchの信号線がターミナルから完全に外れた状態だった為、再度カットし接続の手直しを行いました。

動作チェックはいずれも問題なく、今後もまた長らく使用できます。

─────────────────────────────────────────────
修理・お問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:08636-3-0808
メール:ootsuka@giga.ocn.ne.jp
─────────────────────────────────────────────

【ギャラリー】

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://garrard301.jp/wp-trackback.php?p=918
Listed below are links to weblogs that reference
Ortofon(オルトフォン) RMG-309修理 from Garrard(ガラード)301 401 修理・レストア専門ショップ

Home > オルトフォンアーム修理 > Ortofon(オルトフォン) RMG-309修理

Tag Cloud
PR
メタ情報

Return to page top